心臓(ポンプ)を強くする

 

前回、血液循環について簡単に説明しましたが、今日はその循環を実際に流すポンプ、心臓の話
心臓は血液を全身に送るポンプの働きをしており、一回拍動して血液を全身に送る量が多いほど良いとされている。

そうなるように心臓を鍛えるのです。

心臓を鍛える・・・?

そう、心臓も筋肉でできており鍛えることができるのです。

はい、ご存知のように運動です。

有酸素運動と呼ばれる運動で5分以上続けることができる運動を鼻歌が歌えるような強度で続けることです。

決して息づかいが「ゼイゼイ、ハーハー」となるようなきつい運動はいきなりしないでください。鍛えるどころか負担をかけすぎています。

また、心臓自体に酸素や栄養を送る冠状動脈という血管があります。

全身へ送る太い大動脈という血管の根元から心臓をぐるっと取り囲んでいる血管です。

これが細くなると「狭心症」、詰まると「心筋梗塞」という病気になります。

そうならないように、食事や水分補給に注意をしなくてはなりません。

血液の内容に関係していきます。次回に続く

 

ブログの内容にご興味を持っていただいた方は、ぜひ無料のメールマガジンのご登録をオススメします!
↓↓↓↓↓

 

スポンサーリンク

↑↑↑【イミダペプチド】94%実感モニター募集中!↑↑↑