人は血液で生かされてます

生きていくために必要なエネルギーや酸素、栄養素、ホルモンなど血液にのせてからだの隅々まで運んでいます。この血液が届かないと身体は不具合を起こします。
ですから、その血液を送り出すポンプの心臓、その通り道の血管、血液そのものの内容に気をつけなければいけないのです。
ましてやスポーツをしている場合、パフォーマンスに影響を及ぼします。

血流が悪くなる理由

①心臓のポンプ作用が弱くなる

②血管の詰まりや収縮で細くなる

③水分不足や糖質・脂質過多で血液粘性が高まる

血流を悪くしないために

①適度な運動で心機能を高める

②運動・禁煙で血管を拡張させる

③食事のバランスと水分摂取で血液をサラサラに

次回はこのあたりの説明を詳しくしていきますね。

 

 

スポンサーリンク

↑↑↑【イミダペプチド】94%実感モニター募集中!↑↑↑